黛弘人騎手【騎乗停止?八百長?エージェント?結婚相手】

Pocket

黛弘人騎手【騎乗停止?八百長?エージェント?結婚相手】
についての情報です。

スポンサーリンク

黛弘人騎手

黛弘人騎手はデビューしたのは2006年。
デビュー元年は2勝と競馬界の厳しさを味わいます。

 

翌年も2勝と勝ち鞍が伸びない完全な
マイナー騎手になってします。

 

勝ち鞍が10勝以上の年はデビューしてから3回しかなく、
最高成績は2013年の18勝です。

 

騎乗機会も少なく、
ローカル開催でも2~3鞍程度で殆どが人気薄の馬。

 

一部の馬主は黛弘人騎手に継続騎乗をさせ、
活躍の場を与えています。

 

非常に礼儀正しく、先輩騎手や後輩騎手からも
黛弘人騎手の評価は高いです。

 

ただし騎乗技術に関しては
それ程上手くないのが残念な所。

 

本人も木馬に乗ったり、
調教を積極的にこなす等、
騎乗技術向上に向けて色々な事に
チャレンジしています。

 

しかし中々ものにできず、
本人も歯痒い思いをしています。

 

あまりにも勝利数が上がらない事から
障害競走にチャレンジするも、
最初の障害レースで落馬してしまい、
それ以降障害レースには騎乗していません

 

気分転換の為に、先輩騎手の松岡正海騎手らと
ノビーズと言うバンドを結成しています。

 

女性ファンが圧倒的に多く、
定期的のライヴを行っています。

 

ノビーズはグッズも販売しています。
Tシャツ等も販売しており、
着用するファンも多いです。

黛弘人が騎乗停止?

黛弘人騎手は2011年2回小倉1日目第12競走で、
ゴール前で追う動作をやめ、
後続馬に差し切られた為、
JRAは油断騎乗と判断しました。

 

よって30日間の騎乗停止処分を下しています。
最後の直線で完全に抜け出しと思った黛弘人騎手は
後方を核にせずに、追う動作をやめた為、
着順が入れ替わりました。

しっかり追っていれば着順が入れ替わる事は無かった為、
30日間と言う騎乗停止としては重い処分となりました。

黛弘人が八百長?

2011年2回小倉1日目第12競走で騎乗した
メジロガストンで最後に追う動作をしなかった事から
八百長ではないか?と言う声が当時は多かったです。

 

しかし1000M以上走って、
頭数も18頭もいたら全部の騎手に八百長をする為の
指示をしなければ出来ません。

 

また馬はエンジンがかかるとスピードが上がりますから、
そこで手綱を引いていくのを抑えるのは困難です。

 

この事から黛弘人騎手は八百長ではなく、
油断騎乗です。

黛弘人のエージェントは?

黛弘人騎手の騎乗馬を確保する
エージェントは小檜山辰弥氏です。

 

エージェントの力としては
やや弱いです。

黛弘人の結婚相手は?

水野由加里

黛弘人騎手は昨年結婚しています。
気になる結婚相手はタレントの水野由加里さんです。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ