田辺裕信騎手【松田博資調教師?エージェントでG1?同期と結婚?】

Pocket

田辺裕信騎手松田博資調教師エージェントG1同期結婚?】
についての情報です。

スポンサーリンク

田辺裕信

田辺裕信騎手は2002年にデビューしてから
しばらくは低迷していました。

 

一時は引退も考える程、勝ち星が少なく、
毎年10勝を少し上回る程度のジョッキーでした。

 

有力馬に跨るチャンスも非常に少ない
不遇の時代を過ごしました。

 

田辺裕信騎手に転機が訪れたのは
2010年6月19日に福島競馬場で行われた
【安達太良ステークス】でした。

 

栗東・松田博資厩舎所属の
【アドマイヤマジン】の騎乗を依頼を引き受け、
見事に勝利をかざりました。

 

このレースを機に松田博資調教師の信頼を得ます。
その後、関西の他の厩舎からも
騎乗依頼が殺到するようになります。

 

2010年の勝利数は37勝でありましたが、
2011年には88勝と飛躍的に勝利数を伸ばす。

 

これはエージェントの関係も大きく起因していますが、
安定した騎乗ぶりから、前述の通り、
関西の調教師からの騎乗依頼が増加し、
結果を残した事から飛躍的に勝利数を伸ばす事に成功します。

 

田辺裕信騎手は関西から遠征して来た馬では
【アドマイヤ】の冠で有名な近藤利一氏の
所有の馬を優先的に騎乗しています。

 

近藤利一氏は関西を拠点におく馬主で、
以前は武豊騎手に騎乗依頼するのが殆どでした。

 

しかし2009年の騎乗ぶりを巡って口論になり、
それ以降武豊騎手とは不仲になり、
1度も騎乗依頼をしていないません。

 

いわゆる武豊・近藤事件です。
田辺裕信騎手は関東の調教師からも
信頼を集めるようになります。

 

有力馬の騎乗機会が今までと
比べものにならない程増加します。

 

田辺裕信騎手はG1に騎乗する機会も増え、
順風満帆に現在は進行しています。

田辺裕信のエージェント?

田辺裕信騎手のエージェントは坂倉和智氏です。
エージェントの力としては真ん中より上で
上手く騎乗交渉をするのを得意とするエージェントです。

 

田辺裕信騎手はエージェントが坂倉和智氏になってから
勝ち星を量産している様に思えます。
いかにエージェントの力が大きいかがわかりますね。

田辺裕信がG1?

田辺裕信騎手は念願G1勝利を
今年のフェブラリーステークスであげます。

 

そしてそのインパクトは余りにも衝撃的でした。
16頭立て、16番人気の【コパノリッキー】で
見事勝利に導きました。

 

この時は好スタートを切るそのまま逃げを図り
最後の最後まで後続馬に影を踏ませぬ白昼の逃亡者でした。

田辺裕信の同期?

田辺裕信騎手の競馬学校の同期
今も一線級で活躍するのは障害レースを
中心に騎乗する五十嵐雄祐騎手と、
地方【南関東競馬】で活躍する石崎駿騎手がいます。

田辺裕信が結婚?

田辺裕信騎手は結婚しており、
結婚の相手は一般人女性の為に
名前は明らかにされていません。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ