古川吉洋騎手【エージェントや重賞実績?主な騎乗馬?花の12期生】

Pocket

古川吉洋騎手【エージェントや重賞実績?主な騎乗馬?花の12期生】
についての情報です。

小倉夏競馬

古川吉洋騎手はいわゆる花の12期生の一人です。
1年目は21勝とまずまずのスタートを切ります。

 

2年目は32勝と一皮むけて、
更に活躍が期待された3年目以降
成績が急激に下がります。

 

徳の2000年から2006年までの間は
2002年の20勝を除き、
全て10勝以下と低迷期に入ってしまいます。

 

2007年から再び立て直し、
20勝~40勝の間で勝ち鞍は推移します。

 

この2000年から2006年までの成績不振が謎です。
そして2002年だけ20勝しているのも謎です。

 

古川吉洋騎手はファンの間からは
フルキチの愛称で親しまれています。

 

騎乗技術は高いものがあるのは間違いありません。
実際2年目の阪神3歳牝馬S・現阪神JFで勝利を納めています。

 

最近は各騎手もエージェント頼みの所があるようです。
力を持っているエージェントもいれば、
当然力のないエージェントもいます。

 

どのエージェントになるかは
日頃の付き合い等が重要になってきます。

 

誰しも一番良いエージェント
付いてもらいたい所です。

 

今一番勢いのあるエージェントは
関西を拠点とする小原氏です。

 

この小原ラインと呼ばれている競馬ブック系の
エージェントは力があります。

スポンサーリンク

 

しかしその小原ラインで騎乗をするのは
限られた騎手のみです。

 

それもリーディングで上位争いをする
レベルの高い騎手から順番に振り分けられていきます。

 

その為、小原ラインからは毎年のように
全国リーディングジョッキーが誕生しています。

古川吉洋のエージェント?

古川吉洋騎手の騎乗馬を
確保するエージェントは目黒和外氏です。

 

エージェントの力としては中堅ですが、
古川吉洋騎手を含め、
3人のジョッキーを担当しています。
その為、振り分けが大変なようです。

古川吉洋の重賞実績?

古川吉洋騎手の重賞実績はこれまで
3勝を挙げています。

 

その内の1勝が1997年の阪神3歳牝馬S・現阪神JFの
アインブライドで挙げたG1勝利です。

古川吉洋の主な騎乗馬?

古川吉洋騎手の主な騎乗馬はアインブライド、
ヤマカツスズラン、エイシンチャンプ、
ピエナビーナス、ヒットザターゲットです。

 

やはり一番思い入れの強い馬は
アインブライドだと思います。

古川吉洋は花の12期生?

古川吉洋騎手の学年には女性騎手が3人いる等、
花の12期生と呼ばれています。

 

福永祐一騎手、和田竜二騎手 柴田大知騎手等が
今でも一線級で活躍しています。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ