近藤利一氏は本当に5億8000万円を支払うのか?

Pocket

先月、毎年恒例のセレクトセールで、イルーシヴウェーヴの2017を5億8000万円で競り落とした近藤氏。

確かに良い馬であるのは間違いない。
しかし、5億8000万円以上をこの馬で回収できるかどうかは分からない。

日本国内で1番1着賞金が高いのは、ジャパンCと有馬記念の3億円。
この2つを連勝しても、消費税分が5億8000万円に1.08をかけた金額になる。

その額6億2640万円。
消費税だけで、4640万円。
そこそこ良い馬が買えてしまう金額。

スポンサーリンク

本当に消費税込みの6億2640万円を支払うのだろうか?

近藤利一氏は確かに個人馬主の中ではトップレベルの1人である事は間違いない。

ただし、それとこれとは全く話が違う。
筆者が思っているのは、セリは金額がヒートアップするごとに盛り上がっていく。

当然5億8000万円なんて値で落札されれば、瞬く間にインターネットで配信される。

非常にセレクトセールを運営する側とすれば、お金をかけずに宣伝する事が出来るようなもの。

これはあくまで推測の話。
本当の話ではないもし、イルーシヴウェーヴの2017が最初から3億円で近藤氏に売り渡す事が決まっていたら、非常に手の込んだ演出と言う事になる。

この馬だけがとびぬけて高い。
その理由が分からない。

2億円くらいが相場の馬が5億8000万円。
明らかに何かがおかしい。
何かがしっくりこない。
それは何か?

仕込まれた金額だったのではないのか?
こういった考え方も出来る。

勿論セリは公平に行われている。
仕込まれたとは考えにくいなぜなら、近藤利一氏以外の大物馬主が、セリに更に絡んできたら、セリの金額はとんでもない額まで跳ね上がる。

そうなったらいつまで経ってもセリは終わらない。
そんな話はあり得ないので、先ほどの推測は先ずない事が分かる。

しかし、よくあそこまで競り合ったものだ。
5億8000万円はいくらなんでも高すぎる。

3冠馬になってもまだ元は取れない。
それだけ5億8000万円と言う金額は突出している。

本当に近藤利一氏は5億8000万円を支払うのだろうか?
今更やっぱり、いりませんは通用しない。

自分でセリ落としておいてキャンセルは洒落がきつい。

消費税込み6億2640万円。
非常に高い買い物。

豪邸が2つは建てられる。
当然これだけの血統背景があれば、G1を勝たなくても種牡馬になれるが、種牡馬としての価値を高める為にはG1勝ちは必要になってくる。

G1・7勝の記録を破る事が出来るだろうか?
ダートではG1・7勝以上している馬は何頭かいるが、芝では7勝が最高。

この記録を打ち破る事が出来るか?
デビュー戦から超注目の馬になるのは間違いない。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ