近藤利一【馬主で武豊と確執?建築会社の社長?不動産?破産?】

Pocket

近藤利一馬主武豊確執建築会社社長不動産破産?】
さんについての情報です。

スポンサーリンク

近藤利一氏の所有馬は【アドマイヤ】の冠がつきます。
近藤利一氏の2007年途中までの主戦騎手は武豊騎手でしたが、
【アドマイヤオーラ】の騎乗方法を巡り、
激しい口論となり以後、
武豊騎手に騎乗依頼はしなくなりました。

 

また温厚な武豊騎手がブチ切れるのは極めて稀で、
相当、近藤利一氏の態度は緩慢だった事が想像できます。
それ以来確執が残っています。

 

近藤利一氏は建築会社の社長で【アドマイヤ】の馬が
活躍し始めたのは1999年頃から。

 

近藤利一氏は阪神大震災の際に家を失った人の
家を再建築した事で莫大な収益を手にし、
一気に馬主のトップレベルに登り詰めました。

 

また近藤利一氏はセリで高額馬を次々に落札していきます。
自分が気にいった馬はどんなに値が上がっても絶対に譲らない程頑固です。

 

特にセリでは【トーセン】の冠で有名な島川オーナーと
競り合う事が多く、値がどんどん上がっていきます。

 

また【フサイチ】の冠で有名な関口オーナーと
以前は競り合うケースが多かったです。

 

そんな近藤利一氏ですが、不動産や破産などのキーワードで
検索かける人が多いみたいです。

 

なぜ不動産や破算などで検索されたのでしょうか??

 

実は関口氏の会社が運営に行き詰まり差し押さえ等の処分を受けた後は、
中央競馬の世界からは姿を消しました

 

こうして購入した馬は橋田厩舎に預ける事が多かったですが、
最近は様々な厩舎に預けています。

 

正し関東の厩舎に預ける事はありません。
近藤利一氏は武豊騎手との事件以来、
主戦騎手を岩田康誠騎手や川田将雅騎手に
依頼する事が極端に多くなりました

 

岩田康誠騎手と川田将雅騎手はこの恩恵のおかげで
勝ち星はかなりえました。

 

近藤利一氏の所有馬は素質馬揃いで、
安い金額で馬を購入する事は先ずありません。

 

また騎手に対して注文が多い馬主で
ジョッキー達も困惑しています。

 

これは武豊騎手の時には一切注文を付けていませんでしたが、
自分の意図した競馬をさせる為に調教師を介して
ジョッキーに注文を出します。

 

また結果が出ない岩田康誠騎手と川田将雅騎手以外の騎手に対しては
非常に厳しく継続依頼はしません。

 

特に1番人気で負けるのを物凄く嫌がる馬主で
それが例えハナ差でも騎手を変える程です。

 

社台グループと武豊騎手は大分、
仲が改善されてきました。

 

現在は社台直轄の馬にも乗っています。
しかし近藤利一氏は超が付く頑固者で
未だに武豊騎手に対して根を持っています。

 

この両者が打ちどける事は先ずないでしょう。
しかし【アドマイヤオーラ】は明らかに、
人気先行の馬で武豊騎手に落ち度は無かったと思います。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ