近藤利一【馬主で建設会社社長?阪神大震災?セレクトセール?】

Pocket

近藤利一馬主建設会社社長阪神大震災セレクトセール?】
についての情報です。

スポンサーリンク

近藤利一

アドマイヤの冠で知られる近藤氏。
近藤氏は建設関係の会社の社長です。

 

近藤氏の会社がある年を境に、
業績が飛躍的に伸び増した。

 

この飛躍的に伸びた年は1995年です。
近藤氏は関西人です。

 

ここで気が付いた方いますか?
何故1995年なのかを・・・

 

この年は阪神大震災の起きた年です。
ここで住宅がたくさん壊れたのは
記憶に新しいと思います。

 

近藤氏の会社はこの自宅崩壊で
再築等の注文が相次ぎ、
あっと言う間に大きな金額を手に入れます

 

しかし阪神大震災という未曽有の被害で
金儲けとは何事だ!!と考える人も多かったです。

 

近藤氏は完全にワンマン社長です。
会社の中で近藤氏に反論出来る人はいません。

 

正に近藤氏のやりたい放題です。
部下の報告を社長室で胡坐をかいて
待っていればいいのですから・・・。

 

そこに来て性格が頑固と
一番タチの悪い分類に入ります。

 

その近藤氏が財産を築いてから、
急に高額馬を買うようになります。

 

セリで高額馬の単位が1000万円ずつ上がって行きますが、
自ら降りる事はありません。

 

最後の最後まで諦めの付くまでセリ合います。
セレクトセールのセリで高額馬を買うと
夏の重賞で1勝させてもらえると良く言われていますが、
先週の小倉記念ではサトノの馬が勝ちました。

 

オーナーの里見氏は今年の
セレクトセールでも高額馬を購入しています。

 

セレクトセールは社台グループの苫小牧にある
ノーザンファームで行われています。

 

高額馬は殆ど社台ファームか
ノーザンファームの生産馬です。

 

近藤氏はここで良血馬に
惜しげもなく投資します。

 

高額馬を買うと、
重賞が勝てるは都市伝説だと思いますが・・・

 

近藤氏は騎手にもかなり固執します。
自分が騎乗させたい騎手だったら手段を選びません。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ