近藤利一【トリップとヴィルシーナ?大量キャンセル事件?】

Pocket

近藤利一トリップヴィルシーナ大量キャンセル事件?】
についての情報です。

スポンサーリンク

近藤利一【トリップとヴィルシーナ?大量キャンセル事件?】

トリップ?近藤利一?

 

近藤利一氏の所有馬だった『トリップ』は
数年前、大八木信行氏に名義変更されました

 

近藤利一氏はとにかく騎手よりも馬。
馬よりも金の人間です。

 

今回、名義は大八木氏になっていますが、
恐らくはお金で100%売ったか、
共同オーナーになっている可能性が高いです。

 

トリップはデビュー当時から素質馬として、
将来が有望視されていた馬でした。

 

近藤利一氏はかなり社台よりの馬主です
吉田勝己氏と共同馬主になったり、
セリで高額馬をポンポン買ったりと
ノーザンファームとの繋がりがかなり深いオーナーです

 

ここまで社台よりの馬主も珍しいです。
また共同馬主だったアドマイヤムーンを勝手に、
20億円で売ったりとその破天荒ぶりは有名です。

 

『トリップ』の一件は氷山の一角に過ぎず、
『トリップ』以外にもこの様な経緯の馬はいます。

ヴィルシーナ?近藤利一?

ヴィルシーナの馬主はハマの大魔神として、
大活躍した佐々木主浩氏です

 

元々、近藤利一氏と親交が深かった佐々木氏が、
近藤氏の協力を得て、購入した馬が『ヴィルシーナ』です。

 

同馬は準牝馬3冠馬です。
同馬の前に立ちはだかる一頭の馬。

 

その馬こそが先日引退レースの有馬記念を勝った
ジェンティルドンナです。

 

ジェンティルドンナがいなければ、
クラシックの1つや2つ取れていたのは
間違いないでしょう。

 

『ヴィルシーナ』は一時不振に陥りますが、
ヴィクトリアマイルで復活。
連覇も成し遂げています。

 

『ヴィルシーナ』を所有した
佐々木主浩氏は初のG1制覇です。

近藤利一?大量キャンセル事件?

近藤利一の大量キャンセル事件はあまりにも有名です。
詳細を書かなくて良い位です。

 

一体、何十年も大量の所有馬の馬主をやっているんだと
大量キャンセル事件の後には競馬ファンから
痛烈に批判されました

 

また競走馬以外でも、
大量キャンセル事件を引き起こしています。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ