近藤利一【お気に入り岩田騎手?アゼリを高額馬落札?トレード?】

Pocket

近藤利一お気に入り岩田騎手アゼリ高額馬落札トレード?】
についての情報です。

スポンサーリンク

近藤利一

近藤利一のお気に入り騎手は?

近藤利一氏は武豊騎手と確執が起きるまで、
武豊依存症状態でした。

 

ほとんどの新馬戦に武豊騎手を乗せていました。
とりわけ武豊騎手に対しての固執ぶりは
他の馬主と比べ物にならない程でした。

 

しかし他の騎手が凡ミスをすると、
すぐさま武豊騎手に騎乗依頼をかけます。

 

1度お気に入り騎手になると、
騎乗依頼が集中します。

 

確執前はほとんど武豊騎手に
騎乗依頼をかけていました。

 

現在のお気に入り騎手は岩田康誠騎手です。
岩田騎手は地方競馬出身とあって、
最後の追い比べに非常に強いです。

 

また騎乗技術もかなり高く、
武豊騎手の次に上手い騎手だと思います。

 

近藤氏が関西を拠点とする馬主の為、
関西所属のトップジョッキー岩田騎手に
現在は集中して騎乗依頼をかけています

近藤利一が高額馬を落札?

近藤氏はこれまで数々の高額馬を落札してきました。
非常に性格が頑固な為、セリが白熱してくると
中々自分から降りる事はありません。

 

時には1億円から始まる超高額馬のセリもありますが、
当然近藤氏も参戦します。

 

ただ近藤氏は馬の好みがはっきりしているので、
全ての高額馬のセリに参加すると言う訳ではありません。

 

しかし近藤氏好みの馬の場合は
とことん競り合います。

 

今年のセレクトセールでも
高額馬を購入しました。

 

【アゼリの2014】(牡、父ディープインパクト)
2億7000万円で落札しました。

 

米GI11勝で年度代表馬にも選ばれた
アゼリの子は昨年も最高価格(2億5200万円)でした。

近藤利一がトレード?

近藤利一氏はアドマイヤムーンを
20億円で某馬主グループに売却しています。

 

アドマイヤムーンはジャパンカップを制するなど、
競走馬としても成功し、
種牡馬としても活躍しています。

 

この電撃トレードは話題を呼びました。
G1馬ですから、当然引退後は牧場を持っていない馬主の
近藤氏は社台ファーム等に売却するのが本来の姿です。

 

しかし20億円と言う巨額オファーに
応じた形となりました。
競走馬のトレードは珍しい事です。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ