社台グループ【ノーザンテースト?サンデーサイレンス?吉田3兄弟】

Pocket

社台グループノーザンテーストサンデーサイレンス吉田3兄弟
についての情報です。

スポンサーリンク

社台グループ

社台グループは世界で通用する馬を作るべく、
あらゆる新種牡馬を導入しています。

 

次々と超良血馬を高額なセリで
馬主同士がセリあう光景はおなじみです。

 

社台グループにはノーザンテーストと言う大種牡馬がおり、
ある1頭の種牡馬の登場まではほとんどの記録を
ノーザンテースト産駒が席巻していました。

 

そして1990年代前半、社台グループは後の大種牡馬
サンデーサイレンスを購入します。

 

その産駒がデビューと同時に重賞を勝ち捲り、
あっと言う間に日本ダービーまで勝ってしまいます。

 

サンデーサイレンスは不滅の記録と言われた
ノーザンテーストの記録を次々に塗り替えて行きます

 

そしてサンデーサイレンスの最高傑作の
ディープインパクトが誕生します。

 

その他にリアルシャダイ、トニービンも保有しており、
ノーザンテーストの時代にはリアルシャダイ、トニービンを
加えた3大種牡馬と呼ばれる種牡馬で、
生産馬の質の向上を図ってきました。

 

1993年8月13日、創業者の吉田善哉が死去すると
翌年1994年から分担制に変わります。

 

社台ファーム・ノーザンファーム
白老ファームの3つに分担されます。

 

社台ファームが社台グループの核となり、
代表者は吉田照哉氏がノーザンファームの代表。

 

吉田勝己氏が白老ファームの代表。
吉田照哉氏が追分ファームとなり、
代表は吉田晴哉氏です。

 

社台コーポレーションは吉田照哉氏
吉田勝己氏・吉田晴哉による共同運営ですが、
事実上の総帥は吉田照哉氏です。

 

社台グループの直轄の一口馬主の
社台レースホースの代表は吉田晴哉氏

 

追分ファーム代表は同じく直轄の一口馬主の
サンデーレーシングの代表は吉田俊介氏

 

ただしGIにおける表彰式への出席は
父の吉田勝己氏が立つことが多いです。

 

社台グループを大きく分類すると、
この様な図式になります。

 

この吉田3兄弟は全員馬主資格を持っています
そして吉田氏所有の馬や社台レースホース、
サンデーレーシングの馬で騎乗ミスが相次いだ事から
社台グループと武豊騎手の確執が生まれました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ