松本好雄【馬主でメイショウマンボ?武豊騎手や幸四郎?性格温厚?】

Pocket

松本好雄馬主メイショウマンボ武豊騎手幸四郎性格温厚?】
についての情報です。

スポンサーリンク

松本好雄

松本好雄氏は馬主で社台グループから武豊騎手が干された時に
救いの手を差し伸べた一人です。

 

メイショウの冠で知られ主戦騎手は武豊騎手です。
以前から松本好雄氏(馬主)は武豊騎手を懇意としており、
その温厚な性格は他の馬主からも一目置かれる存在です。

 

武豊騎手の実弟の武幸四郎騎手も松本好雄氏は可愛がっており、
昨年はメイショウマンボでオークス・秋華賞・エリザベス女王杯を
武幸四郎騎手とのコンビでG1を3勝を挙げました

 

松本好雄氏はそれ程、高額な馬は購入しません。
懇意にしている調教師とセリに出向き、
調教師のお薦め馬を中心に買います。

 

億単位の馬は買わず、2000万円から3000万円の間の
馬を中心に購入します。

 

安い馬でも走るがモットーで、
高額馬には全く興味がないようです。

 

また主戦騎手には全幅の信頼を寄せており、
1番人気で負けても、『あくまで結果!』
と非常に割り切るのがはやいです。

 

この馬の癖を良く知っているからと、
凡走した馬の主戦騎手を簡単に変える事はまずしません。

 

武豊騎手以外の騎手でも同様です。
その馬の主戦騎手は簡単には変えない
性格は非常に温厚なオーナーです。

 

またあまり賞金等に拘りは無く、
ローテーション等は全て調教師任せです。

 

非常に調教師も松本好雄氏の管理馬は
無駄な口出しは一切しないので、
とても管理がしやすいです。

 

調教師の間でもその性格が温厚な人柄は有名で、
ぜひ預けて欲しいと懇願する調教師も居る程です。

 

松本好雄氏の馬主ライフは強い馬で賞金を稼ぎまくるタイプではなく、
馬主は道楽でやっているものに入ります。

 

もちろん愛馬の勝利は嬉しいに決まっていますが、
欲がない所が素晴らしい人間性を物語っています。

 

松本好雄氏は数多くの所有馬を持っていますが、
1頭1頭愛着を持っています。

 

松本好雄氏が敢えてジョッキーに注文を出さないのは
レースで無駄なプレッシャーを感じて欲しくないからです。

 

その為、ジョッキー達も気楽に騎乗ができ、
結果も良い結果に出る事が多いです。

 

ジョッキーに注文を付ける調教師はたくさんいますが、
そのほとんどは前に行ってくれや、
直線まで脚をためておいて欲しい等の王道の注文です。

 

近藤利一氏の注文は細部にまで渡り、
ジョッキー達は困惑してしまうのです。

 

しかし岩田康誠騎手や川田将雅騎手は手慣れたもので、
いつもの注文か位に捉えています。

 

その点、松本好雄氏は注文が無いので、
ジョッキーは乗りやすいです。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ