東京ホースレーシング【菊池桃子の西川?社台?一口馬主で募集馬】

Pocket

東京ホースレーシング【菊池桃子の西川?社台?一口馬主で募集馬】
についての情報です。

西川哲
東京ホースレーシングは
一口馬主のクラブです。

東京ホースレーシングの代表は
女優菊池桃子さんの元ご主人が西川哲氏

1頭に対する口数は400口です。
キャロットファームと同じ口数ですが、
馬の質が落ちます。

社台系の馬主です。
東京ホースレーシングが正式名称ですが、
会員達は【東サラ】と呼びます。

過去には【ブエナビスタ】と激闘を繰り広げた
【レッドディザイア】も所有していました。

【レッドディザイア】は最後の1冠【秋華賞】で
【ブエナビスタ】に勝利し、
一矢報いています。

また昨年の暮れの2歳女王を決める【阪神JF】では、
【レッドリヴェール】がハナ差は【ハープスター】を
凌ぎ切り優勝しています。

スポンサーリンク

東京ホースレーシングの冠はレッドです。
東京ホースレーシングの前身はユーワです。

2006年経営体質改善の為に
現在の東京ホースレーシングに生まれ変わりました。

一口馬主のクラブの中で
特にキャロットファームと掛け持ちの人が多く、
キャロットファームで素質馬の抽選に漏れた人が、
東京ホースレーシングの募集馬の出資するケースが非常に多いです。

ドラフトで言うキャロットファームの外れ1位を
東京ホースレーシングで補填すると言う図式が
完全に出来上がっています。

中には東京ホースレーシング1本で行く人もいます。
人気の上ではサンデーレーシング、社台レースホース、
キャロットファームに続く4番手ではないでしょうか?

ただ社台レースホースとサンデーレーシングは
一口の出資額が高い為に富裕層向き。

実質、キャロットファームに続く
2番手と言った所ではないでしょうか?

東京ホースレーシングは【ゼンノロブロイ】
産駒の募集馬が多いです。

しかし質の高い馬は中々いません。
ただし、美浦の藤沢和雄調教師が、
引き受けてくれる事が多いのでこの辺りは
他の一口馬主のクラブとは少し違った点です。

東京ホースレーシングの弱点は
勝ちあがり率が高くない事です。

未勝利のまま引退する馬もいます。
多いか少ないかはその人の価値観によって
大分違ってくるので多いか少ないかは何とも言えませんね。

キャロットファームの会員が
東京ホースレーシングに流れて来るので、
東京ホースレーシングは募集時期を
キャロットファームの抽選発表後にする等、
色々と駆け引きをしています。

これが先だとダメですし、
後ろ過ぎてもダメ。
非常に難しい所ですね。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ