吉田和美【馬主で社台グループNO.2の吉田勝巳氏の妻?】

Pocket

吉田和美【馬主で社台グループNO.2の吉田勝巳氏の妻?】
についての情報です。

吉田和美

吉田和美氏は社台グループナンバー2の
吉田勝巳氏の妻です。

 

社台グループの良質の馬を無料で貰える事から、
かなりの素質馬を所有しています。

 

流石に幾ら何でも最上級クラスの馬は貰えません。
それでもG1馬を輩出しています。

 

キンシャサノキセキ・ジャガーメイル
テスタマッタと言ったG1ホースを所有していました。

 

当然、社台グループの馬ですから、
種牡馬としての繁殖牝馬として
社台ファームかノーザンファームに戻ってきます。

 

これだけ良質の馬を所有出来るのですから、
恩恵を授かったとしか言いようがありません。

 

 

キンシャサノキセキ・ジャガーメイル等を
セリで売れば5000万円以上の値が付いたと思います。

 

それがタダです。
かかるのは厩舎に対しての委託料金だけ。

スポンサーリンク

 

後はデビューするのを待つだけです。
これだけ楽な馬主人生を送れるのは社台グループだけでしょう。

 

社台グループは生産、育成をメインい行っていますが、
その中でも超良血馬はセリに出されて、
億単位で取引されます。

 

億単位の馬でセリ落とされるのは
社台グループの馬のみです。

 

それ以外の中小規模の牧場の馬は良くても
3000万円前後での取引になります。

 

また中には600万円程度で取引される馬もいれば、
買い手がつかない馬もいます。

 

その場合は出品した牧場に戻ってきます。
ただし社台グループの馬が売れ残る事はまずありません。

 

仮に売れ残っても社台グループの中で
馬主資格を持っている人間が馬主になります。

 

社台グループの馬は一種のブランド商品と
考えた方がいいかも知れません。

 

このブランド品を入手するには
かなりの手間と苦労とお金がかかります。

 

社台と言うブランドだけで、
値段が正規価格の倍以上に
跳ね上がる事は珍しくありません。

 

そんな残り物に福があるのです。
それが吉田ファミリーが所有している馬達です。

 

凄い恵まれた環境にいると思いませんか?
一般庶民の私からみれば余りにも恵まれているので、
羨ましい限りです。

 

そこからG1馬が誕生するのですから、
一石二鳥の範囲を遥かに超えています。

 

正に自由奔放です。
ここまで恵まれた馬主は先ほども書きましたが、
社台グループにかぎります。

 

他のオーナーズブリーダーも同じ事が言えますが、
馬の質が圧倒的に違うのと、
持っている馬の数の圧倒的に違います

 

この様に他の牧場のオーナーも
隠し玉的な馬を自身の所有馬にする事があります。

 

しかし社台グループの層の厚さには到底敵いません。
勝負前から白旗です。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ