シェイク・モハメド【馬主?ダーレージャパンファーム?社台?】

Pocket

シェイク・モハメド【馬主?ダーレージャパンファーム?社台?】
さんについての情報です。

ドバイのモハメド殿下の所有馬。
非社台系でダーレージャパンファームを所有しています。

また法人馬主としての馬主資格も持っています。
所有馬の特徴として息の長い活躍をする馬が多く、
また未勝利で終わる馬が少ないです。

騎乗依頼は武豊騎手に騎乗依頼する事が多く
社台グループとは一線を画しています

また個人馬主としては所有馬が多く、
関東で出走させる時には、
関東のトップクラスのジョッキーを手配します。

モハメド殿下はドバイに居る事が多いですが、
G1レースに有力馬が出走すると来日する事もあります。

またダーレージャパンファームでは生産及び育成を行っており、
その殆どがモハメド殿下の所有馬となります。

またダーレージャパンファームは現役競走馬の買い取りにも力を入れており、
過去には【アドマイヤムーン】を近藤利一氏から
推定20億円で買い取っています

その後【ジャパンカップ】を制覇し、
2億5000円賞金を獲得しました。

ダーレージャパングループの日本進出を
1番恐れていたのが社台グループです。

スポンサーリンク

社台グループは海外での実績がある
ダーレージャパンファームの日本進出を1番嫌がり特に、
種牡馬の種付け権や繁殖に上がる牝馬を
社台グループが今まではほぼ独占していましたが、
ダーレージャパンの日本進出に伴い、繁殖牝馬の獲得争いが激化。

今までより高値で買わざるを得なくなりました。
ただし社台系列の牝馬は無条件で社台グループの元に戻ってきます。

モハメド殿下は武豊騎手をナンバー1ジョッキーとして考えており、
社台グループの考え方とは全く異なります

また凡走しても武豊騎手に騎乗依頼を出し続けます。
代表馬には【レディオブオペラ】【ミッドサマーフェアー】等がいます。

また【デボネア】が【日本ダービー】に出走した際に来日しており、
競馬ファンが【デボネア】が勝負に出た証。

ここは買いと実力以上に過剰な人気を背負いました。
結果は良い所なく惨敗でしたが、
やはり海外の皇室の一人が所有馬の応援の為に来日するとなると、
競馬ファンは過剰なまでに反応します。

【デボネア】は本来なら7番人気か8番人気が妥当な評価でしたが
最終的には3番人気まで押し上げられました。

因みに【皐月賞】の時の人気は14番人気で4着。
【皐月賞】は4着までの馬に【日本ダービー】への優先出走権が与えれる為、
【デボネア】はぎりぎりでれました。

また【日本ダービー】の鞍上がデットーリ騎手だった事も
人気に拍車をかけた要因の一つです。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ