角居勝彦調教師【社台?武豊と確執?エピファネイア?】

Pocket

角居勝彦調教師社台武豊確執エピファネイア?】
についての情報です。

スポンサーリンク

角居勝彦調教師は日本馬として最初に
【ドバイワールドカップ】を勝利した
【ヴィクトワールピサ】の管理調教師として知られている。

 

その他にも【ウオッカ】や【カネヒキリ】等の中央G1を
複数回制する馬の管理をしてきた関西きっての敏腕調教師です。

 

角居勝彦調教師は高校卒業後、
帯城畜産大学に受験するも失敗。

 

角居勝彦調教師が通っていた高校が進学校だった為、
浪人して大学受験を勧める声が多い中、
周囲の反対を押し切って【グランド牧場】に就職

 

当時は生産のみしか行っていませんでしたが、
時代の流れと共に急速な路線拡大をグランド牧場は行う。

 

馴致・調教を事業に取り入れて牧場も拡大。
しかし厩舎に送り出した馬も最初の頃は
躾ができていないと牧場に戻される馬が多く、
馴致・調教の大変さをスタッフ一同痛感する。

 

その光景を目の当たりにした角居勝彦調教師は
『牧場とトレセンでなにが違うのか?』と思うようになり、
【グランド牧場】を退社

 

その後JRAの厩務員課程を6か月受け、
正式に厩務員となり、その後調教助手となる。

 

中尾謙太郎調教師の下で働く事になるが、
角居勝彦調教師はいつも疑問に思っていた。

 

中尾謙太郎調教師の考え方は【鍛えて休む事なく強くする】が信条で、
角居勝彦調教師に考え方は【鍛えて休ませながら強くする】であった。

 

しかし角居勝彦調教師が1986年10月から1996年12月まで、
口出しする事は一切なかった。

 

その後、松田国英調教師の元に移籍、
松田国英調教師の勧めで調教師試験を受け3度目で合格となる。

 

2000年に調教師免許を取得。
2001年開業し今日に至る。

角居勝彦が社台?

【社台グループ】と武豊騎手の関係悪化に伴い、
角居勝彦調教師もその煽りを受ける。

 

当初主戦騎手だったヴィクトワールピサの騎乗依頼を
【皐月賞】は武豊騎手で挑む方針でしたが
直前の落馬事故で夏まで騎乗出来ない為、
岩田康誠騎手に依頼。

 

【ドバイワールドカップ】も武豊騎手に騎乗依頼しても出来ず
ミルコデムーロ騎手に依頼する等余波は大きかった。

角居勝彦が武豊と確執?

名牝【ヴォッカ】で2度取りこぼしがあった事から
【グルヴェイグ】の新馬戦の手綱を取ったのは福永祐一騎手。

 

その後【ヴォッカ】からも下ろされ、
確執が武豊騎手と角居勝彦調教師がある。

角居勝彦がエピファネイア?

角居勝彦調教師が管理する【エピファネイア】が、
【皐月賞】、【日本ダービー】ともに2着に敗れ、
秋の巻き返しが期待されるなか、
見事単勝オッズ、1・6倍の断然人気に【菊花賞】で応え快勝

 

馬主である【キャロットファーム】にとっては待望の
牡馬クラッシクのタイトルとなった。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ