人の行く裏に道あり花の山・夏競馬いよいよ本格開催

Pocket

穴馬券の宝庫としも有名な夏競馬。この時期競馬をしない競馬ファンは勿体ない。ミスミス高配当ゲットのチャンスを逃している。夏競馬は基本的に徹底的穴馬券を狙う事。人気馬同士で決まったら仕方がないくらいの割り切りが必要。人気馬で決まったら事故と思うしかない。よく考えれば分かる事だが、人気が2頭に集中しているレース。本命党にして絶好の買いのチャンスだが、どちらかが飛ぶ事はよくある。そうなると配当は一気に跳ね上がる。

この様なケースは夏競馬になると更に増える。ここが大きなポイントで、一騎打ちムードの時こそ、穴狙い。1頭の人気馬を絡めるのはいいが、2頭もとも絡めるとオッズが低い為、レートをあげなければいけなくなる。これが外れた時に懐に直撃する。その点穴狙いであれば無謀な賭け方はしないので、外れてもダメージが少なく、次のレースに気持ちを切り替える事が出来る。ここが大きなところ。

夏競馬に関しては人気馬同士で決まる事もあるが、基本的に人気馬は嫌いたい。穴馬で調教の動きが良かった馬や条件代わりの馬を積極的に狙いたいところ。片っ端から穴馬を狙えばいいと言う訳ではない。ある程度根拠に基づいて狙うのがセオリー。芝からダート替わり歓迎なのがルーラーシップ産駒。ルーラーシップはダートは走っていないが、産駒はとにかくダートを走る馬が多い。基本芝からダート替わりの馬が狙いやすいので実践してみる価値はある。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ