騎手の一分の著者は藤田伸二騎手!武豊とアドマイヤの近藤と社台?

Pocket

騎手の一分著者藤田伸二騎手武豊アドマイヤ近藤社台
についての情報です。

スポンサーリンク

騎手の一分の著者は藤田伸二騎手!武豊とアドマイヤの近藤と社台?

騎手の一分の著者は栗東の暴れん坊将軍こと、
藤田伸二騎手が書いています。

 

その中で一際目を引くのは、
武豊騎手を潰したのはアドマイヤと社台と
名指しで書いています

 

つまり藤田伸二騎手はアドマイヤの近藤利一氏と
社台グループを敵に回しても許せない事だったのでしょう。

 

完全に宣戦布告しています。
こんな事を本で書いたら、
社台グループはもちろん、
アドマイヤの近藤利一氏の逆鱗に
触れたのは当然の事です。

 

当然、宣戦布告していますから、
藤田騎手は社台グループと近藤氏の所有馬に
騎乗する事はありません

 

もちろん騎乗依頼も書けないです。
実は武豊騎手以外で近藤利一氏に
喧嘩を売った人物は藤田騎手だけです。

 

前にも書きましたが、
近藤利一氏は非常にわがままで頑固者です

 

近藤氏に逆にお気に入りにされると、
有力馬の騎乗依頼が回ってきます。

 

そこで結果を残せば、
更に良い馬の騎乗依頼が回ってきます。

 

若手はチャンスを逃したくないので必死です。
非常に騎乗馬に恵まれるようになります。

 

ここが1年間で10勝上積みがアドマイヤの
馬主の近藤利一氏に超有力馬(乗っているだけで勝てる)の
騎乗依頼もやってきて、
年間勝利数が10は最低でも増やす事でしょう。

 

大物馬主の騎手選びこそが贅の極みです。
それを自らもう乗らないと宣戦布告を仕掛けたのが、
藤田伸二騎手です。

 

この相手に喧嘩を売る騎手はいません。
社台グループ系の馬には一切む乗りません。

 

こっちからお断りと言った所です。
騎手の一分には藤田騎手が経験してきた事が
凝縮された一冊となっています

 

藤田伸二騎手は自ら大物馬主と
社台グループを敵に回したのです。

 

それによって近年勝ち鞍が激減しています
藤田騎手にしてみれば、
そんなの関係ないと言った所です。

 

藤田伸二騎手の記事

藤田伸二騎手【ブログ?エージェント?不調?アドマイヤ?】

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ