競馬学校騎手課程【入学や学費について?倍率や合格基準は?】

Pocket

競馬学校騎手課程【入学や学費について?倍率や合格基準は?】
についての情報です。

競馬学校

入学するには?

競馬学校に入学するには
1次試験と2次試験があります。

1次試験の学科試験は中学2年生レベルの
学科試験【国語と社会】を受けます。
また体重測定や身長測定が行われます。

2次試験は運動機能検査
騎乗適性検査、性格適性検査の他に
ここでも体重測定も行われます。
その他、保護者を交えた面談を行います。

選考結果及び倍率について
審査官は非常に厳しいです。

少しでも騎乗適正でミスがあると
致命傷になりかねません。

スポンサーリンク

有名ジョッキーの子供等は別格のようです。
あくまでもJRAは公正と言っていますが・・・

倍率は30倍以上の超難関です。
毎年合格者は7名前後です。

競馬学校の費用や学費は?

3年間でかかる費用は380万円です。
普通の公立高校よりも高いですね。

学費約210万円、
その他に騎乗装具制服などが約50万円で
食事代として約120万円です

学費は入学金95000円は一括払い。
毎月の学費は毎月87000円の分轄払いです

授業料に関しては卒業後に出世払いをする
【授業料猶予期間】があります。

ジョッキー養成所の教育プログラムで
徹底的にメンタル面等を強化します。

その他にも騎乗訓練や礼儀作法等、
一般人としてのマナージョッキーとしての自覚を主に学びます。

競馬学校の朝は早く、
午前5時40分起床です

夏場は更に早く午前4時40分起床です。
午前中は厩舎作業や実技訓練等を行います。

午後は昼食の後、
厩舎作業と学科があります。

17時になると漸く、
自由時間です。
自由時間は22時までです。

その間に入浴や夕食、
そして予習・復習や自由にテレビを見る事ができ、
各人過ごし方は様々です。

そして3年間の入寮生活を得て、
騎手免許試験に挑みます。

内容は1・学力試験筆記。競馬関係法規にかんする試験。

内容2・学力口頭試験。競馬関係法規にかんする物。

内容3・騎乗技術試験。障害の免許も同時取得したい場合は飛越試験も行われます。

合格基準

学力試験筆記、学力口頭試験、
騎乗技術試験が概ね60点以上ある事が
最低条件で視力は0・8以上が必要です

ここで騎手免許を取得出来れば
晴れて3月上旬にデビューとなります。
また競馬学校には留年がありますが
もしご興味があれば挑戦してみて下さいね。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ