競馬場にはコースによって枠番の有利不利がある!

Pocket

スポンサーリンク

先ず、不利な事で有名なコースを紹介。最初は東京芝2000M。外枠が絶対不利。その大きな理由としてスタートして直ぐにカーブがある。その為、外枠の馬は遠心力によって外に振られコースロスをしてしまう。東京の芝2000Mと言えば、天皇賞・秋の舞台。天皇賞・秋では外枠の馬は相手にしておくべき。ディープインパクトクラスのモンスターホースでない限り、軸にするのは危険。数々のG1馬が外枠に入り惨敗している。また天皇賞・秋ではメジロマックイーンが6馬身差をつけながら、審議の末、失格になっている。内枠のごちゃついた時に迷惑をかけてしまった。

そして、中山の芝1600M。この舞台も大外枠絶対不利である理由は同じ。中山の芝1600Mじゃおにぎり状のコース形態になっておりスタートして直ぐにカーブがあるここでも外枠の馬は、大きく遠心力で外に振られてしまう。朝日杯FSは今は阪神競馬場で行っているが、中山で行われた時は大外枠は絶対不利だった。ダービー卿CTや京王杯AHが行われる舞台。大外枠は割引が必要。

阪神の芝1600Mも大外枠絶対不利と言われている。ここまで挙げた3つの競馬場で共通しているのはスタートしてカーブが直ぐにある事。阪神の芝1600Mも例外ではない。大外枠は絶対不利。大外枠に入って勝つ方法としてわざと出遅れ、後方一気を決めると言う作戦がある。以前、桜花賞で武豊騎手がこの作戦を使い見事勝利に導いている。流石は天才と言われるだけの事はある。

枠の有利・不利が大きい競馬場はこの3コース。後は新潟の直線1000Mはは内枠が絶対的に不利。外枠が絶対有利。その理由として馬場状態が挙げられる。内枠は馬場が痛んでおり、外枠は馬場状態が抜群に良い。直線1000Mでしか、外枠の馬が取るコースを走る事はない。その為、内枠の馬も外枠に進路を切り替えてくる程である。新潟直線1000M競馬は日本で唯一の直線競馬が行われるコースである。新潟競馬場の風物詩とも言える。非常に見ごたえのあるレースである。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ