武豊騎手と社台グループの吉田照哉氏や吉田勝己氏の関係??

Pocket

武豊騎手社台グループ吉田照哉氏吉田勝己氏関係??
についての情報です。

スポンサーリンク

武豊騎手と社台グループの吉田照哉氏や吉田勝己氏の関係??

中央競馬会をここまで盛り立ててきたのも、
社台グループの功績は大きいです。

 

武豊騎手と社台グループは蜜月関係にありました。
特に社台グループ総帥の吉田照哉氏は
武豊騎手の事を可愛がってきました

 

その為、弟の勝己氏も武豊騎手との関係は良好でした
その社台グループの馬が急に回って来ない状態になりました。

 

この急激な社台離れは諸説ありますが、
1番はローズキングダムでの天皇賞・春惨敗に
事を発していると言われています。

 

しかし、ローズキングダムは典型的な中距離馬で、
さすがの武豊騎手でも、3200mを持たすのには無理があります。

 

ここがひとつとブエナビスタが降着したジャパンカップの
検量室の前であればアウトでしょ!!
と言ったのが社台側の逆鱗に触れたと言われています。

 

ローズキングダムもブエナビスタも社台グループ直轄の
サンデーレーシングの所有馬です。

 

この共通点からも、サンデーレーシングの総括者である
吉田勝己氏の逆鱗に触れてしまったと言われています

 

サンデーレーシングは社台レースホースを抑えて、
どうどう馬主リーディングトップを快走する
富裕層向け一口馬主です。

 

サンデーレーシングの有力新馬の騎乗と言えば、
武豊騎手で決まりでした。

 

それが社台グループの逆鱗に触れ、
干されてしまいました。

 

しかし吉田照哉氏は助け舟を出していました。
自身の所有馬に武豊騎手に騎乗させる温情采配です。

 

社台グループとまだ完全和解までは至っていないものの、
最近、武豊騎手は社台系の馬主から声がかかる事が多くなってきました

 

やはり、武豊騎手の騎乗技術の上を行く物が
いないのは誰もが承知しています。

 

武豊騎手には本当は乗って欲しいのです。
社台系の主な馬主は社台レースホース・サンデーレーシング
G1レーシング・キャロットクラブ等があります。

 

ここでキャロットクラブでの騎乗依頼が急激にへりましたが、
『オレニホレルナヨ』等に騎乗しているので、
これからは重賞級の馬に騎乗すれば完全和解と言えるでしょう。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ